発売からひと月


 uekawaです。
約一カ月ぶりの投稿です。

アルバム『24ページ』が発売されて、一か月が経ちました。
聴いてくださった方、本当にありがとうございます。
ツイッターなどでつぶやいてくださった方にも
感謝の気持ちでいっぱいです。

京都の仲間にも、お世話になりました。
特典CDつきで展開してくださった、
JET SET京都の田中亮太くん。
委託販売してくださり
ブログ、サンプルCDで取りあげてくださった
Sunrain Recordsゆーきゃん。
USTREAMで曲を流し、コメントしてくれた
Live House nanoの土龍さん。
みなさん、思えば10年前後のお付き合い。
ほとんど活動してなかった24ページですが、
覚えてくれてたんやなあ。ありがとうございます。

24ページのレコ発は、もう少し先になりますが、
植川ソロライブのお知らせ。
5月4日(祝)、
京都の西院ウーララで弾き語りします。
移店後初のウーララ、楽しみです。
24ページの曲も、やる予定です。

発売です


uekawaです。
24ページの新作『24ページ』、
22日水曜日に発売です。
お店によっては、21日には入荷のところも
あると思います。

新作発売記念のライブを、春に予定していました。
サポートメンバーのお力を借りて、
スタジオでの練習を重ねていました。
が、しかし。
相方のカシノさんが、来月から沖縄に転勤となり、
ライブは延期となります。
幸いにも短期の転勤ということで、
おそらく秋以降に、「いまさらのレコ発」
をやる予定です。

新作について。
前作まで、男女ボーカルの重なり響きあう楽曲が
24ページのひとつのカタチ、だったと思います。
その主軸であった紅一点、遠藤さんが脱退し、
2人組体制となって初のアルバムとなりました。
これまでの「男女ツインボーカル」のカタチから
足を踏み出した、しかし程よく力の抜けた
宅録フォークロック作品です。
ぜひ、聴いて下さい。

ちなみに、今回発売してくださるレーベル
ハヤブサランディングスさんのwebサイトに
作品概要コメントが載っています。
http://www.hayabusa-landings.com/
写真、恥ずかしいですね。。。

本年も宜しくお願い致します。


uekawaです。
新年のご挨拶。
2012年も、24ページをどうぞ宜しくお願い致します。

新作が、来月2月22日に発売になります。
レコ発に向けてのサポートメンバーを加えた練習も、
そろそろ本格化していくところです。
乞うご期待。